リアルタイムレポート

習高の景色 「校章」

===2020年11月15日の記事===

 

2020/11/5で習高は63周年を迎えました。習高生の皆さんは習志野高校のシンボルである校章に関心を持ったことはありますか?この写真の右側は制服の校章で、左側の写真は習志野高校の特別棟にある校章です。この校章の由来は習志野市の「習」に、高校の「高」の字を組み合わせたものです。習志野市と共に生まれ、習志野市と共に育ち、発展していこうとする精神を表しているそうです。皆さんも、習志野高校の校章のように、発展していけるように頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

ボクシング・男子バレー・柔道でインターハイへ

習高 インターハイ出場部活特集

「ボクシング・男子バレー・柔道でインターハイへ」

 

ボクシング部・男子バレー部・柔道部のインタビュー記事が「習志野経済新聞」に特集でアップされています。

ぜひご覧ください!

→ 習志野経済新聞「ボクシング・男子バレー・柔道」はコチラ!

→ 7/12(火)配信「体操競技部 全国大会へ」習志野経済新聞インタビューはコチラ!

1学期終業式 校長先生のお話し

7/20(水) 第1学期終業式

式辞(放送) 大崎校長

 

みなさん、おはようございます。

今回は全校生徒が一同に会して終業式が行えるのではないかと期待したところでしたが、今回も放送での終業式、なかなか、皆さんの顔を見ながらお話する機会ができず、残念です。

1学期は、ほぼ学校行事や各種大会、コンクールなども行われました。しかし、この夏季休業に入る時点でコロナ第7波の感染拡大が深刻な状況になっています。本日も1学年は登校を控えてもらっています。今一度、原点に立ち返り、感染予防対策をしっかり行い、自分と周りの大切な人を守る行動を取りましょう。

さて、本日、配布される「習志野高校新聞」に「ポジティブマインド」と題して原稿を書かせていただきました。この2年と数ヶ月、コロナ禍において多くのものが奪われる中、どうしてもネガティブな方向に考えが行ってしまう。これは自然な事だと理解できます。だからこそ、今回、この題を選択しました。

コロナ禍を経験し、今まで、当然だと思っていた、普通に授業ができ、各種大会やコンクールが行われていた日常は、当然ではなく、普通に生活ができるということがありがたいものであるという事がわかりました。学校や職場が休業となり、家族と過ごす時間が増え、家族の大切さを再認識しました。医療従事者の方々の過酷さや大切さ、医療体制の整備の重要性を痛感しました。エッセンシャルワーカー、すなわち、社会に必要不可欠な仕事をしている人たちという仕事に注目が集まりました。臨時休業等の授業ができない状況下でICTの利活用が進み「授業でできることと、個人でできること」が明確になりました。このようにパンデミックを経験しなければ感じることができなかったことも数多く存在します。コロナ禍をポジティブに捉えてみました。

我々が生きていく中で、物事をマイナスに考えて行動するか、プラスに考えて行動するかで、全く違う方向へ物事が進む可能性があるのではないでしょうか。例えば、コップに水が半分入っている状況を見たとき、「もう、これだけしか残っていない」と考えるか「まだ、半分も残っている」と考えるかです。これをチャンスに置き換えると「もう、チャンスはこれだけしか残っていない」とネガティブに考えるか、「まだ、チャンスは半分も残っている」とポジティブに考えるかの違いと捉えられるのではないでしょうか?

この夏以降も皆さんは進路実現のためのチャレンジや全国大会等厳しい勝負の場に直面することでしょう。そんなときはポジティブマインド「まだ、まだチャンスは残っている」終了のホイッスルがなるまで、したたかにチャンスを狙い、ものにしてください。心より応援しています。

そして、2学期には皆さんが元気に、始業式が迎えられることを期待して、1学期終業式の言葉とします。

語学研修が行われました

7/15(fri)~7/16(sat)

語学研修 British Hills 福島県天栄村

 

今年度の海外語学研修も、国内施設で行われ1年生3名グループが参加です。場所は、福島県天栄村にある British Hills です。とても大きくてきれいな施設で「パスポートのいらない英国」がキャッチフレーズです。中世英国の「街」の雰囲気が7万3000坪の広大な森の中にあり、イギリスに旅行に来た気分になります。2日間で沢山のレッスンイベントに参加して、英語の勉強会議・研修にチャレンジできました。

 

British Hillsの公式サイト → コチラをクリック! 

(凄く綺麗な場所です!ぜひ公式サイトをご覧ください)

 

語学研修の様子はコチラの動画をご覧ください!

1年生も進路の準備がスタート

7/14(木) 1年生 職業体験学習ガイダンス

9:00~ 第1部

9:40~ 第2部

20分野に分かれての職業体験ガイダンスが行われました。4月に「習高」に着陸した1年生も、すでに「進路」という離陸に向けての準備開始です飛行機自分の興味関心のある分野のガイダンスに、みんな真剣に取り組んでいましたグループ

理科講義室Ⅰで開催された「体育教員コース」の講師は大崎校長先生です。校長先生が自らの進路選択の経験を熱く語ってくれました会議・研修

頑張れ!1年生!

 

習高動画 『大地のエール』フルバージョン

【習高吹奏楽部 農家にエールの演奏】

石川佳純選手も参加 卓球リフティングでリズム刻む

『大地のエール』演奏動画フルバージョン

 

2020年全国農業協同組合連合会から「響け!大地のエール『#農家の皆さんありがとう』プロジェクト」の取り組みとして「習高吹奏楽部 『大地のエール』演奏動画が公開されました。

卓球日本代表・石川佳純選手も卓球のラケットとボールを使いリフティングでリズム隊として演奏に参加しています音楽